見出し画像

【会社紹介マガジンvol.2】どんなクラウドサービスを作っているの?


こんにちは!
会社紹介マガジンをご覧いただきありがとうございます。
(※こちらの会社紹介マガジンは就活生向けに作成しております)

初めに、システムフォワードはクラウドサービス事業を展開しているIT企業です。
to B のビジネスを行っているため、就活生の皆さんには馴染みがないと思います。

そこで、会社紹介マガジンvol.2では 「システムフォワードが提供しているクラウドサービスはいったいどんなサービスなのか?」という点に着目して紹介していきます。
…とはいっても、堅苦しいものではありません!

クラウドサービス とは何なのかすら分かっていなかった、
入社したてほやほや1年目の佐藤🐣から就活生の皆さんに伝わるよう、
お届けしたいと思います。

この記事を通して興味を持った方は、ぜひ会社説明会で詳しいお話を聞いてみてくださいね👀


そもそも、クラウドサービスって??


一言で言うと、インターネットさえ繋がれば、いつでも・どこでも利用できるサービスのことです。

そのため、クライアントがわざわざソフトウェアをインストールしたり、ハードディスクやUSBメモリ、サーバーなどを準備することが不要になります。

つまり… 面倒な準備がいらない、誰にでも使いやすいインターネットサービスというイメージを持っていただければ大丈夫です👍

詳しく知りたいという方はGoogleさんや本で調べてみてください🔍


弊社が提供している”4つ”のクラウドサービス


それでは本題、弊社がご提供している4つのクラウドサービスについて、それぞれ紹介していきます。

冒頭で述べた通り、弊社のクラウドサービスは”働く人”を対象としたto Bのサービスとなっております。

毎日忙しく業務に追われる社会人👨‍💻になったつもりで読んでみてください!

① 弁当注文.com🍱


こちらは名前の通り、社内の弁当注文管理が簡単にできるサービスです。
自分が総務担当になったことを想像してみてください。
 
社員の人たちが業者のお弁当を食べたい!となったとき、全てアナログでやるとどんな作業があるでしょう?

●注文リストの紙を用意して、その紙に注文内容を書いてもらう。
●時間になったらリストをまとめてお弁当業者さんにFAXを送信。
●キャンセルしたい!と言われたらその都度お弁当業者さんに電話。
●精算表を作成して手作業で集計。                 …など。

他にも仕事はいっぱいあるのに、社員の弁当のためにこんなんやってられるか~!
考えただけでも、面倒で手間のかかる作業ばかりですよね。

こういった弁当注文の取りまとめや発注、精算をまとめて管理し、
総務担当者の負担を軽減できるサービスが「弁当注文.com」なのです。

注文は自動で集計・送信され、キャンセルの度に電話をかけることもなく、社員の皆さまにお弁当が届きます。

いつ、誰が、何のお弁当を注文したか等のデータはcsv形式で一括ダウンロードすることが可能です。

(詳しい機能や操作イメージ動画はホームページからご覧になることができます)

総務担当者の面倒な業務が減って、社員は毎日美味しいお弁当を食べることができる、生産性爆上がりのサービスです🤩

② 展示会受付.com🖨


こちらも名前の通り、展示会主催者の業務を効率化するサービスです。

しかし、そもそも「展示会」って言われてもピン!と来ないですよね。
展示会は主にB to Bで行われるものなので、イメージできないという方も多いでしょう。

では「企業の合同説明会」には皆さん参加したことがあるでしょうか。
大きな1つの会場にたくさんの企業のブースがあり、就活生は各々興味のあるブースへ訪れ話を聞きに行く。

そんな合同説明会を、これまたアナログでやってみましょう。

①就活生は大学で配られた申込用紙に個人情報を記入しポストに投函。
②説明会主催者は申込用紙を一枚一枚確認し名簿を作成。
③受付時は何百もある名簿から確認、来場者数はカウンターで地道にポチポチ計測。
④説明会終了後、名簿をまとめて資料作成。

最低限でも、これくらいやることがあるのではないでしょうか。
今日も明日も残業するしかありませんね。

いやいや~、さすがにアナログすぎませんか?
申込用紙って!それぐらいネットの力使いましょうよ、そう思いますよね。

…とはいえ、IT化の進んでいない企業では簡単にできるものではありません。

プログラミング経験のある社員がいなくて、凝った申込フォームを作ることなんてできない!
そもそも、パソコン、ネットワーク、プリンタのことがよく分からない!

そんな悩みも解決できちゃうのが、「展示会受付.com」です。

お客様の要望に合わせて申込フォームや入場証のデザインを変更したり、
申込者本人だけでなく同伴者を含めた来場者数の管理など、運用のカスタマイズが可能です。

また、展示会当日には弊社の社員が立ち会い、機材のセッティングや操作のご説明をさせていただきます。

このように、単にクラウドサービスを提供するだけでなく、導入・カスタマイズ等のサポート体制も整えております。


③ 来訪者受付.com🏢


こちらは、来訪者の面倒な管理業務を削減するサービスです。
中でも、「工場」の来訪者管理を対象としています。

こちらも展示会の受付同様、全てアナログで行おうとすると、
受付に時間を要したり、さらにはそのデータをパソコンに一つずつ手入力…といった手間が発生します。

このような受付にかかる手間や時間を「QRコード」1つで解決し、来訪者の情報は全てクラウド上に保存して管理できる、それが「来訪者受付.com」です。

いつ・どこから入場し、どこから退場したか、という受付日時や場所はもちろんのこと、面会先や来場理由・車両ナンバーの情報まで、様々な情報を確認することができます。

日時や名前くらいだったら手書きでもそこまで時間は取られませんが、住所や電話番号、来場理由まで書いてほしい、となると来訪者にとっても面倒ですよね。
この来訪者受付.comがあれば、最短2秒で受付を済ませ、必要な情報を管理することができます。

このように、来訪者・総務担当者双方にとって嬉しい、便利なサービスとなっております✨


④ eリストバンド決済💰


皆さんは、電子マネーを使用していますか?
Suica、PayPay、QUICPay、iD、楽天Edyなど…
どれか1つは使っている人が多いのではないのでしょうか。

これらを使用するには「スマホ」「カード」のどちらかが必要になると思いますが、皆さん基本スマートフォンをお使いですよね。

スマホはいつも持ち歩いているし、特に不便なことはないんじゃ?
スマホ決済最高!お釣りの計算も不要だし、これ以上便利なものはない!

たしかにそう思いますよね。しかし、本当にそうでしょうか。

かばんからスマホを出してロックを解除しなければならないし、プールや海など手が濡れている状況ではわざわざ手を拭かなければなりません。

(あれ、考えてみたら意外と面倒くさい…?)

このような状況で、リストバンドをかざすだけで決済できたらもっと楽だと思いませんか?
それが、「eリストバンド決済」です。

今となってはもはやメジャーとなっているキャッシュレス決済ですが、なんとこのサービス、2017年には商標登録されていたようです。
そんなに前からあるなんて、びっくりですね!👀

消費者のお買い物が楽になるのはもちろんのこと、支払いのストレスがなくなることで、お店側の売上アップにも繋がる一石二鳥なサービスです。


弊社のクラウドサービスの特徴


以上、簡単に4つのクラウドサービスについてご紹介させていただきました。
(それぞれのサービスについて詳しく知りたい方は、ホームページをご覧ください)

とはいえ、似たようなサービスは世の中にたくさんあるんですよね。
そこで、弊社のクラウドサービスの特徴として、以下の3つを挙げています。

①操作がシンプルで簡単
②運用に合わせてカスタマイズが可能
③エンジニアが導入・運用を幅広くサポート


中でも、佐藤が個人的に感じているのは「操作がシンプルで簡単」という点です。

いくら便利なシステムでも、操作が難しく問い合わせに時間を取られていたら、元も子もありませんね。

そこで、弊社はUIデザインに力を入れることで、働く人々を楽にするシステムの実現に繋げています💪


おわりに

ふむふむ、システムフォワードは4つのクラウドサービスを提供しているんですね!

それは分かったけど…結局、新卒社員はどのサービスに携わっていてどんな仕事をするの~!?

ぶっちゃけ気になるところは、そこですよね。
今後、新卒社員の仕事内容に密着した【会社紹介マガジン】も更新する予定なので、そちらの記事をお楽しみに!

他にもシステムフォワードのカルチャーやオフィスの雰囲気、福利厚生なども紹介していきます。

システムフォワードが気になっている人から、福島県にはどんな会社があるのかな~とぼんやり思っている人まで、ぜひご覧ください💖


【会社紹介マガジンvol.1】 はこちら
vol.1では弊社のビジョン・ミッションについて公開しています。

株式会社システムフォワードは、「働く人々の仕事を楽にする」クラウドサービスを 一緒に開発してくれる仲間を募集しています!
興味のある方は是非「エントリー」をお願いします🤗

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

就活生の知りたい情報満載の新卒採用サイトも是非ご覧ください!